東大阪市菱屋西にある内科・循環器内科・腎臓内科、医療法人慶仁会 安田医院です。近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩約4分。

安田医院の歴史

  • HOME »
  • 安田医院の歴史

安田医院の歴史

安田医院は、1925年(大正14年)に現院長の曾祖父である安田慶二(けいじ)により、現在と同じ小阪の地に開設いたしました。

外観外観

(当時は煉瓦作りの診療所でした。)

往診の際には馬に乗って患者さまの自宅に伺ったり、当時では珍しい自家用車を使用していたという記録も残っています。まだ多くの無医村地区が残っていた小阪の地で、精力的に地域医療に取り組んでいたようです。
一方、市議会議員や布施医師会の会長をつとめるなど、医療だけにとどまらず他方面での活動も積極的に行っていたようです。

安田慶二馬で往診珍しかった自家用車


安田慶輝二代目院長である安田慶輝(よしてる)は、慶二の跡を継ぎ1960年(昭和35年)に院長に就任しました。
細菌・伝染病に通じており、開業医として働く傍ら、校医や看護学校の講師としても腕を振るった様です。


三代目として安田慶典(よしのり)が、慶輝の跡を継ぎ院長に就任しました。当ホームページをご覧になっている皆様の中にも、お覚えの方がたくさんいらっしゃると思います。
1992年(平成4年)に医療法人慶仁会へと法人化し、理事長に就任しました。「慶仁会」という名称は、この小阪の地で安田医院を開業した初代院長である「安田慶二」の名前に由来します。

安田慶典安田慶典

慶典は、患者さんの身体だけでなく心も癒すという事を重視して医療に取り組んでいました。車や音楽など多くの趣味をもち、医院を現在の建物へと改築する中で、院内にはコレクションしていたミニカーをたくさん配置したり、診察室内に鉄道模型を取り入れるなど、お子さんにもやさしい環境を整えました。
2007年(平成19年)に大腸がんで死去するまで、精力的に地域の健康増進、健康管理に携わってまいりました。

安田慶典安田慶典

(左:旧安田医院 右:現在の安田医院 同じ位置から撮影)

2015年(平成27年)に安田慶明(よしあき)が安田医院四代目院長として就任いたしました。初代からの志を受け継ぎ、これまでも、そしてこれからも、安田医院は地域の皆さんの健康に貢献できるよう、そして身体だけでなく、こころの健康もサポートできるよう努力してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

保険による禁煙治療 禁煙外来

健康教室

医療関係者の方へ

安田医院の歴史

院長通信はこちら

〒577-0807
大阪府東大阪市菱屋西3丁目4ー8

近鉄奈良線 「河内小阪駅」
より徒歩4分

連携医療機関について

PAGETOP
Copyright © 2018 医療法人慶仁会 安田医院 All Rights Reserved.