河内小阪・東大阪市で内科・糖尿病・腎臓内科・循環器内科・高血圧治療なら大正14年から続く『安田医院』へ。河内小阪駅徒歩約5分、無料駐車場5台完備。風邪、発熱、頭痛、腹痛、脂質異常症などの慢性疾患、予防接種、各種健康診断、禁煙治療などに対応いたします。

痛風・高尿酸血症

痛風・高尿酸血症について

痛風・高尿酸血症について

高尿酸血症とは、その名の通り「血中の尿酸が増えた状態」を指します。尿酸は、プリン代謝経路を通じて体内で産生されるものと、食事からの摂取による経路が合わさって体内に蓄積されます。通常は尿や便から排泄される量とバランスがとれているため、尿酸値が上昇することは無いのですが、何かのきっかけで不均衡が生じると、高尿酸血症になるわけです。
血中の尿酸値が高い状態が続くと、血液中に溶けきらない尿酸が痛風結節として体の様々な所へと沈着し、害を与えます。関節に沈着すれば痛風関節炎、腎臓に沈着すれば尿路結石や痛風腎、といった具合です。症状はいずれも痛みを伴うもので、以前に血液検査で尿酸値が高いと言われたことがある方は、関節や背中、お腹や脇腹の痛みがでればこの症状かもしれません。

診断としては、年齢や節別を問わず血液検査で尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症となります。痛風発作になったことがある方は、7.0mg/dlを超えないように生活習慣改善とお薬での治療が推奨されます。しかし、痛風発作を一度も起こしたことが無い方は、検査結果に応じて生活習慣改善とお薬での治療を組み合わせていくことになります。また、尿検査も重要で、高尿酸血症の原因が「尿酸の産生過剰型」「尿酸排泄低下型」なのかを分類するのに有効な検査です。

生活習慣の改善は、尿酸の産生に関わるアルコールやプリン体の含まれる食べ物を控える事、さらに肥満の解消などが重要です。脱水状態になると、体内の尿酸値が上昇しますので、しっかりと水分を摂ることも大切です。

お薬での治療は尿酸値を下げる治療が中心となり、尿酸の排泄を促すものと、尿酸の産生を抑えるものに大別されます。痛風発作を起こしてしまうと、まずは痛み止め中心での治療を行い、痛みが取れた後に尿酸値を下げていく、という治療になります。これは、薬の影響で急激に尿酸値が下がると、その影響で発作が悪化する可能性があるためです。同じ理由で、お薬を飲んだり飲まなかったりすることは望ましくなく、発作予防のためにはできるだけ尿酸値を低下させるお薬を継続する必要があります。

痛風は痛みがでるためご自身でもある程度症状の程度が分かりますが、高尿酸血症は高血圧や高コレステロール血症と同様に無症状です。また、高尿酸血症の方が皆痛風発作を起こすわけでもありません。しかしながら、徐々に動脈硬化や臓器障害を引き起こす要素であるため、無症状のうちに対応が必要な病気ですから、注意しましょう。

安田医院の健康教室 安田医院の歴史 院内紹介 採用情報

診療時間
 9:00~12:00
16:30~19:00

★…13:00まで

休診日木曜午後・土曜午後、日曜、祝日

電話番号06-6721-0070

〒577-0807
大阪府東大阪市菱屋西3丁目4ー8

電車・徒歩で来られる方へ

河内小阪駅より徒歩4分 小阪レディースクリニック隣です。
小阪駅よりご来院される方は、駅改札を出て左手にある商店街「スカイドーム小阪」を進んで頂き、最初の十字路を右手にお曲がり下さい。暫く直進すると当院の看板が見えますので、そのまま進んで頂きますようお願い致します。

車で来られる方へ

無料駐車場5台完備しています。 (医院正面に2台、医院裏の駐車場に3台)
カーナビを搭載されている方は、当院の電話番号「06-6721-0070」と入力頂くか、当院の住所「東大阪市菱屋西3-4-8」を入力頂けましたら案内が開始されます。

PAGETOP
Copyright © 2021 医療法人慶仁会 安田医院 All Rights Reserved.