東大阪市菱屋西にある内科・循環器内科・腎臓内科、医療法人慶仁会 安田医院です。近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩約4分。

大人のワクチン

  • HOME »
  • 大人のワクチン

大人のワクチン

風疹ワクチン

風疹は風疹ウイルスによって感染・発症しますが、症状としては風邪症状や耳のうしろ付近のリンパ節の腫れ、皮疹や関節痛が代表的です。しかしこれらの症状が全て揃うことは珍しく、通常は発疹で気づかれることが多い病気です。軽症が大部分ですが、脳炎などの合併症も時に生じうるため、経過には注意が必要です。また妊婦が風疹ウイルスにかかると、先天性風疹症候群を発症し、出生時に先天性白内障や緑内障・先天性心疾患・難聴を生じる事があり、風疹は合併症と先天性風疹症候群の2点が注意すべきポイントになります。
幼少期に麻疹とともにワクチン接種を受けている方が多いのですが、接種忘れや、接種されていても時間経過で抗体が低下することによって、成人になってから感染してしまう事があります。
血液検査で抗体を調べることでワクチン追加接種の必要性を判断出来ます。しかしながら十分にワクチン定期接種を受ける体制が出来ていない世代の方(1962~1989年生まれの男性・1979~1989年生まれの女性)は追加接種を必要とすることが多いです。
風疹の免疫をつけることは、これから生まれてくるお子様を守るため、また国内での流行を防ぐために大切です。多くの方に予防接種を受けて頂くため、2019年現在各自治体で風疹ワクチンの接種費用の助成事業が行われており、当院も東大阪市の予防接種委託医療機関に参加しております。(http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000012602.html
なお風疹ワクチン接種に当たっては、妊娠中の接種が出来ない事、また接種後2ヶ月間避妊を要する事にご留意下さい。

麻疹ワクチン

麻疹は麻疹ウイルスによって生じるウイルス感染症です。通常鼻汁やくしゃみ、咳といった風邪症状で発症しますが、これらの症状が出てから3~4日後に発疹が出現します。
麻疹と診断された場合に注意すべきは、脳炎と肺炎の合併です。
2015年3月WHOより日本が麻疹排除状態にあると認定されましたが、麻疹は空気感染で感染力が非常に強いため、数年に一度集団感染が見られます。
風疹と同様に血液検査で抗体を調べることでワクチン接種の目安になりますので、気になる方はご確認下さい。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは、水ぶくれを伴う赤い発疹が顔や体幹に帯状にでる病気です。
「ぴりぴり」「ちくちく」「ずきずき」とした強い痛みを伴い、3~4週間程続くことがあります。
原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」というヘルペスウイルスの一種で、日本人の9割以上が既に感染しています。つまり、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性を秘めていることになります。
この「水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は、「みずぼうそう」として発症します。一回みずぼうそうにかかり治った後も、ウイルスは体内に潜んでいますが、免疫力がある方では押さえられている状態になります。
しかし、加齢やストレス、免疫力の下がる病気(糖尿病・腎臓病やステロイドの使用など)が加わると、落ち着いていたウイルスが暴れ出し、帯状疱疹として発症してしまいます。
帯状疱疹を発症する方の7割以上が50歳以上というデータがあります。
また、日本では80歳までに約3人に一人が帯状疱疹にかかってしまうという報告もあり、特別な病気では無い事が伺い知れます。
働き盛りの方、日々の生活には何も困らず元気に過ごされている方などにも、ちょっとした体調の変化からいつ帯状疱疹を発症してもおかしくありません。
ひとたび帯状疱疹を発症されると、抗ウイルス薬での治療を行いますが、皮膚の症状が治った後も数ヶ月~数年単位でつらい神経痛を残すことがあります。この神経痛は「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれ、帯状疱疹に罹った方の2割が経験されるとされています。
2016年3月から、帯状疱疹の発症を予防するために、50歳以上の方を対象にワクチンの使用が可能となりました。
一度接種頂くとワクチンの効果は10年~15年程度続き、帯状疱疹の発症に加えて、不幸にして帯状疱疹を発症された際にも軽症で済むとされています。
当院でも帯状疱疹ワクチンの取り扱いを行っています。接種を検討されている方は、お気軽にご相談下さい。

肺炎球菌ワクチン

超高齢社会の日本において、死亡理由として一番思いつきやすいのは「がんによる死亡」かもしれません。
しかし、実は肺炎による死亡は第1位のがん・第2位の心疾患に引き続き第3位の死亡理由なのです。また、肺炎を理由に無くなった方の96.8%が65歳以上であったというデータもあります。
肺炎による入院は65歳を超えると急に増えることが調査から分かっており、今お元気な方であっても予防を行う意識はとても大切です。
一口に肺炎といっても、原因菌やウイルスは多岐に渡ります。その中でも原因菌の30%を占めるのが、「肺炎球菌」と呼ばれる細菌です。ワクチンによって肺炎の全ての原因をカバーできるわけではありませんが、肺炎球菌についてはある程度の予防が可能となっているのです。

日本では、2014年10月より65歳以上の方を対象に肺炎球菌ワクチンの1種であるPPSV23(ニューモバックス)が定期接種になりました。
また、2014年9月より肺炎球菌ワクチンの内PCV13(プレベナー)も65歳以上の成人に任意接種が可能となりました。これは米国においてPPSV23(ニューモバックス)とPCV13(プレベナー)の連続接種が推奨されていることにも影響を受けていますが、2019年現在日本人において十分な予防効果があるかはデータが不十分であり、今後の経過に注視する必要があります。

当院では定期接種であるPPSV23(ニューモバックス)、任意接種であるPCV13(プレベナー)いずれも接種可能です。特にPCV13(プレベナー)に関しましては、お一人お一人の状態やご希望をお伺いして接種スケジュールを決定してきたいと考えています。

引用文献)
厚生労働省 平成29年人口動態統計月報年計(概数)の概況
日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討WG委員会/日本感染症学会ワクチン委員会・合同委員会
国立感染症研究所HP

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6721-0070 〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西3丁目4ー8

保険による禁煙治療 禁煙外来

大人のワクチン

健康教室

医療関係者の方へ

安田医院の歴史

院長通信はこちら

〒577-0807
大阪府東大阪市菱屋西3丁目4ー8

近鉄奈良線 「河内小阪駅」
より徒歩4分

連携医療機関について

PAGETOP
Copyright © 2019 医療法人慶仁会 安田医院 All Rights Reserved.